招き猫

アダム・キャット(Adam Catt)
アメリカ、テキサス州に生まれる。15歳からエレキ・ギターを始め、有能なシンガー・ソングライターであるカメロン・パーシャル氏とバンドを組んだ。この時から、進歩的な音楽やノイズ・ミュージックなどのオリジナル曲を演奏し始めた。ジャズの和声的な深さやテッド・グリーン氏などのギタリストに魅力を感じ、アダムはフィンガースタイルで弾くようになった。後に、故人チャールズ・ハンマー氏のクラシック・ギターのコンサートを聴いて感動し、アダムはそれ以来クラシック音楽を追究しようと決心した。たった1つのギターが発揮できる豊かなテクスチュアにビックリし、ハンマー氏のもとでレッスンを始めた。

後にアンティオーク大学で音楽を専攻し、音楽学をジョン・ラインハート氏に、ギターをローレンス・ピッツァー氏に師事した。このころからアダムは、演奏家としてふさわしい精神を作るために禅の本格的な修行を始めた。大学2回生の時に、優れたギタリストであるケビン・ムルハール氏に出会う。彼の指導のもと2000年に卒業リサイタルを行った。3回生の時には、禅の勉強のために始めて日本の土を踏んだ。アメリカと日本の道場で修行をかさねていく中で、音楽の追究と禅の追究を融合させようと思うようになった。

卒業後、音楽と禅を勉強するために、ふたたび日本に来た。そのとき、偉大なギタリストレ作曲家である藤井敬吾氏に出会う。ギターの音色を豊かに引き出す氏の存在はアダムに新風を吹き込んだ。2001年から藤井氏に師事し、テクニックと音楽に対する考え方を改善した。氏にレッスンを受けながら、京都にある建仁寺の道場で、僧侶と一緒に坐禅の修行を続けた。

現在、アダムは大学時代のルームメイトであった小松裕次郎氏と「招き猫」というデュオで活躍中。デュオの活動のほかに、アダムはソロイストとして、そして中国の古筝など、他の楽器ともアンサンブルを組んで演奏している。

音楽や禅の追求は、自然に戻っていく、最初にいたリラックスした場所に戻っていく、そんな営みだと最近感じている。

今は大谷大学で、坐禅のありようを深く学ぶために仏教学の修士コースに通っている。趣味:フットバッグ、ジャグリング、多言語学習。




 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2011-5-23 17:54  更新日時: 2011-5-23 17:54
 Hi, Excellent site; 33970
A burning stomach pain is also known to be one of the main symptoms of a stomach ulcer. Other symptoms that come with this burning stomach pain, includes, heartburn and indigestion. http://buycheapultram.webstarts.com/ Buy Ultram On Sale Online Change is the law of life. And those who look only to the past or present are certain to miss the future.
返信